福岡県議団バナー
トップページにもどる

年の瀬に 今年亡くなった方を偲ぶ

投稿: 2014年12月26日 | カテゴリ: つれづれに

1年の終わり。今年亡くなった方の顔が浮かびます。

映画俳優では、高倉健さん、菅原文太さん。「しあわせの黄色いハンカチ」は何度見ても最後のシーンで泣けるのですが、健さんの追悼番組で見て、この映画は高倉健なしでは成り立たないなあと改めて感じました。あのはにかんだ実直な人間らしい姿に、多くの人が励まされたことでしょう。生きるって、人間っていいなと思わせてくれる人でした。菅原文太さんは、人生の最後に沖縄に駆けつけ、翁長知事誕生のために行動を起こしたことが最も印象的です。

「心ときめきしもの 学び直しの古典」を赤旗に連載されていた清川妙さんが年末に亡くなられました。私はこのコーナーの大ファンでしたので、残念でなりません。90歳を超えてもなお、しなやかな書きぶりで、古典の世界にいざなってくれました。

ネットで検索してみると、実に多数の著書があり、亡くなってから知ったのですが、息子さんが聾者で30年前になくされていたということ。赤旗によると、聾学校の先生であった息子さんは日本共産党に入党していたそうです。悲しみをいくつも乗り越えてこられたからこそ、いにしえの人々の心の機微を読み解き、あの自然体の文章で私たちに出会わせてくれました。「苦しいときにいつも古典が助けてくれた」と清川妙さんは語っておられます。

私も、若いころ、とても乗り越えられないと感じた苦しいことがありました。その時、心を和らげ、力をくれたのは、万葉集でした。長く読み継がれてきたものの中にある「おもしろさ」を引き出し、ささやかな幸せを大切に生きられた清川妙さんの生き様にも教えられます。

年末に亡くなられた、活動家の先輩、高坂昇さんも、忘れられない方です。車椅子でどこにでも出かける画家で、誰にでも日本共産党の話をされます。昨年の参議院選挙の折始めたフェイスブックで、多くの方とつながりました。末期がんが見つかってからも、絵をかき、俳句を詠み、支持を広げられました。

12月になってからの最後のダイレクトメールは、「情報が入らないので聞きます。小選挙区はたかせ、ひらがなで書くの? 比例は共産党?それとも田村?」支持拡大をしているからこそのメールでした。頭が下がりました。

それからも、苦しい闘病生活の中で、絵を描き、写真とともに、魂の声を発信し続けて亡くなられました。最後に描かれたピエロの絵は、フェイスブックで見せていただきましたが、透明感と崇高さを持つ作品だと感じました。

時世の句は、「空気入れ胸ぐらつかみ冬木立ち」  最期まで気取らない芸術家で活動家、すばらしい人生の先輩でした。日本共産党大躍進のニュースをお土産に旅立たれました。

心からご冥福をお祈りいたします。

液状化現象

投稿: 2012年11月23日 | カテゴリ: つれづれに

福岡4区(糟屋郡、古賀市、福津市、宗像市)では、TPPに反対の立場で「たちあがれ日本」から立候補を決めていた候補者が、あっという間に「太陽の党」となり、さらに「日本維新の会」になったそうです。動向をマスコミが注目しています。日本維新の会はTPPに賛成です。TPP反対の旗はどうなったのでしょう。

大阪14区(八尾市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市)では、民主党現職が離党して自民党から立候補し、自民党現職も離党して維新の会から立候補するそうです。「支持者『何が何だか』」とマスメディアが報じました。

まさに、政党の液状化現象です。結局、第三極も含めて、古い自民党型の政治の枠内ということだと思います。

選挙に勝てそうなところを流浪するとは、なんと情けない姿でしょう。「提案し、行動する」日本共産党の値打ちが本当に光っていると思います。

大切なこと

投稿: 2011年12月02日 | カテゴリ: つれづれに

11月13日の「さよなら原発集会」に福岡県と佐賀県の県議全員にメッセージの要請を行ったそうですが、メッセージを寄せたのは2人だけ。福岡県の県議からはゼロでした。九電本社のある福岡県で、ともに歩む議員がいないのは、悔しく情けないことです。

東日本大震災、原発事故と国難が襲った今年もあと一ヶ月となりました。被災地では半年遅れの選挙が行われ、日本共産党は連戦連勝。被災3県で県議の議席も大幅に増やしました。悲しみの中で、共産党に希望を託していただいた、その思いに応える活動をしなければ、と痛切に思います。

大阪では、独裁政治を進めようとする「維新の会」が残念ながら勝利。しかし、日本共産党は、反独裁の共同をつくり、追い詰めました。閉塞した状況だからこそ、一人ひとりが主権者として考え行動することが大切。「ヒーロー」を求めるのでなく。

今後の運動が大切です

投稿: 2011年11月28日 | カテゴリ: つれづれに

すごい集会でした。立場の違いを超えて、原発ノーの一点で、多くの人が集まりました。マスコミも大きく取り上げ、ネット上では、興奮さめやらぬ発信が続いています。

九電は、事故で止まった玄海4号機を稼動させました。1万人集会に挑戦するかのようです。4号機停止の連絡が福岡県に告げられたのは、2時間もたってからでした。

政府交渉では、EPZ(Emergency Planning Zone、緊急時計画区域)の見直し、地形や気候を考慮しての対策、立地自治体並みの原子力協定を政府として促進するよう求めました。原子力委員会は、大都市への影響を考慮して、避難区域を改めると答弁。しかし、協定などは自治体まかせ。今後の運動が大切です。

被災地は、冬に向かっています。11月16日、5回目の「救援バザー」にとりくみ、1万6千円の収益を義援金を送ることができました。息の長い支援をがんばります。

九州電力は、最終報告で、自らつくった第三者委員会の「古川知事の発言が決定的な影響をあたえた」とする認定を黙殺し、「メール投稿は古川知事の真意を九電側が誤って受け取ったことが原因」とする従来の立場を繰り返し、事実上否定しました。「やらせ問題」も「知事との不透明な関係」も全く反省していません。

日本共産党福岡県委員会は、やらせメールの告発を受けた党として、すぐに経済産業省と九電に対し、無反省な報告書の再提出と、「やらせ」がはびこる癒着構造を根絶するよう求め、申し入れを行いました。NHKのニュースなどで報道されました。

先日、熊本で震度5の地震がありました。玄海1号機が心配です。今、54基の原発のうち44基が止まっています。原発をとめることは可能。人の命より、目先の利益を求める原発行政ストップ!

ひろがる原発ノーの声

投稿: 2011年10月01日 | カテゴリ: つれづれに

原発ノーの声がひろがった9月でした。

19日、大江健三郎さんらが呼びかけた東京・明治公園の集会には、6万人が押し寄せ、会場に入れない人も多数おられたそうです。北九州の千人集会も大成功でした。

内閣府の原子力委員会が意見募集の結果を公表しました。原子力発電について「ただちに廃止すべき」が67%、「段階的に廃止し、再生可能エネルギーに転換」が31%。国民の声ははっきりしています。

しかし、原発利益に群がる勢力は、それでも、再稼動を求め、ありえない「安全な」原発を推進しようというのです。九電は、第三者委員会の調査に協力するどころか、『やらせメール』の証拠を隠滅し、調査を妨害しました。第三者委員会は、「しんぶん赤旗」を何度も引用し、九電の体質を厳しく糾弾しています。

11月13日は、福岡1万人集会。必ず成功を!


九州・沖縄・韓国に住む市民でつくるさよなら原発!福岡1万人集会のウェブサイトでは、賛同する個人、団体の募集、募金をよびかけています。

「原発利益共同体」に世論の包囲を

投稿: 2011年08月31日 | カテゴリ: つれづれに

2回目の「救援バザー」は、暑い暑い日でした。読者の皆さんに呼びかけたところ、下曽根や沼など遠くからも問い合わせがあり、当日品物を持ってきてくれた方もありました。野菜も複数の方の協力で、たくさん準備できました。本当にありがたいことです。息の長い支援を続けたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。

さて、猛暑の夏も過ぎ、秋の気配を感じる季節です。電力不足が心配されましたが、九電の「電気予報」は、余裕を残し推移しました。54基の原子炉のうち36基が止まった夏、深刻な電力不足は起きませんでした。自然エネルギーへの転換は可能との思いを皆さんも強くされたのではないでしょうか。

それでも、「原発利益共同体」は、原発からの撤退など考えていません。ヨルダンなどへの輸出を進めています。世論で包囲しなければ、原発は止められません。

その後のはなし

投稿: 2011年08月10日 | カテゴリ: つれづれに

前回お話した中学校の教科書採択は、各地で大波乱を起こしています。北九州市は、7月22日と29日の審議をはじめて全面公開し、問題の教科書は採択しませんでした。教育委員会会議にも請願を出し、口頭陳情を行うなど、市民運動を重ねた結果だと思います。

また、前々号でお話した仙台ソニーの解雇問題は、国会で山下衆議院議員が取り上げ、たった6分の質問でしたが、期間社員の雇い止めを1ヶ月延長させるという成果につながりました。この質問は、日本共産党のホームページで見ることができますが、本当に気迫のこもった追及で、涙が出ます。「彼らは、労働形態こそ、派遣や期間工だが、心はプロフェッショナルだ」与野党から応援の野次が飛び、首相は「調査する」と答えました。

傍聴していた労働者が、「たたかってよかった」と涙する姿に、私もがんばろうと力をもらいました。

目が離せない中学校の教科書採択問題

投稿: 2011年07月29日 | カテゴリ: つれづれに

今年は、中学校の教科書採択の年です。「新しい歴史教科書をつくる会」が侵略戦争を美化し、憲法9条を敵視する教科書をつくり始めて、十年あまり。今年も大変な攻防が全国で起こっています。

北九州市議会には、この流れをくむ「自由社」「育鵬社」の教科書を採択するよう求める請願が「日本会議」から出されました。自民党の議員がこぞって紹介議員になったのです。しかし、教科書会社の名前を挙げて採択を迫るのは、会社名を挙げて公共事業の発注を議会が決めるのと同じこと。もともと、教育は「不当な支配に服してはならない」と決められており、このようなやり方は、教育の中立性・独立性を犯す介入です。

市民団体から「採択してはならない」と陳情が出され、審議の末、採択されませんでした。子どもたちに、歴史認識を誤らせる教科書は渡せません。目が離せない状況です。

人間の尊厳をかけたたたかい

投稿: 2011年07月20日 | カテゴリ: つれづれに

塩釜市の隣の多賀城市に、ソニー仙台工場があります。日本で始めてトランジスタラジオを作った歴史ある工場です。この地域は、近くの川の氾濫と津波で地域全体が「全壊」指定を受けました。

この工場で、働いてきた期間社員150人に対し、解雇命令が下されました。期間社員といっても長年働いて新人に仕事を教えるなど重要な仕事を任されてきたのです。津波の時には、一番にやってきて工場の清掃をしたといいます。

津波による被害には、百億円の保険金が出るそうです。ソニー会長の報酬は、8億円を超えています。また、会社は、3兆円を超える内部留保を持っています。

期間社員の年収は270万円です。全員を雇用しても、必要な費用は4億円。期間社員たちが、解雇撤回を求めて立ち上がりました。人間の尊厳をかけたたたかいに拍手です。

原発事故に思うこと

投稿: 2011年07月11日 | カテゴリ: つれづれに

大本営発表のようなニュースに驚きと怒りを禁じえません。福島第一原発の爆発事故から2ヶ月もたって、「実はメルトダウン(炉心溶融)していた」というのですから。負けていたのに、「勝った勝った」と報道した戦時中の発表と似ています。「人体に影響はない」と専門家が繰り返していましたが、今必要なのは、無責任な気休めではなく、正確な情報です。

北九州市も玄海原発から100キロ圏です。玄海原発の1号機は老朽化しており、3号機は危険なプルサーマル発電です。佐賀県議会は、九電を呼んで臨時議会を開き、集中審議を行いました。しかし、福岡県と議会は、いまだに、九電に対し、なんらの要請もしていません。

原子力を推進してきた天下り官僚知事が、県民の立場で原子力行政をチェックできるのか、私たちの運動が特に重要になっています。

とんでもない

投稿: 2011年02月11日 | カテゴリ: つれづれに

志位委員長の日本航空不当解雇問題をとりあげた国会質問(2月2日の衆議院予算委員会)に大きな反響が起こっています。

しんぶん赤旗では、連日のように伝えられている、日本航空のとんでもない解雇事件について、他の新聞はほとんど報道していないので、知らない方も多いのではないでしょうか。

あの御巣鷹の悲劇を起こした日航が、またしても安全軽視・利益第一の経営に走っていることに怒りを覚えます。「沈まぬ太陽」のモデルになり、映画化もされたというのに、マスコミがこの問題を取り上げないことにも怒りです。

先日、毎日新聞の「風知草」で、志位質問を絶賛する記事が出ました。また、「大竹まことゴールデンラジオ!」で、経済評論家の森永卓郎氏が、この質問を取り上げて、拍手喝采をしたそうです。

日本航空は、経営再建のためだといって、55歳以上のパイロットを一律解雇したのですが、志位さんは、「ハドソン川の奇跡」を取り上げ、57歳の経験と技術が乗客の命を救った事実を示しながら、政府がこのような日航のやり方をやめさせるよう求めたのです。この質問は、国会中継されたことで多くの方がその内容を知り、共感の声が上がっています。

立ち上がった日本航空のみなさんとともに、不当解雇を許さない、安心して誇りを持って働き続けられる雇用のルールをつくるために私もいっそうがんばる決意です。

10月のつれづれに

投稿: 2010年10月16日 | カテゴリ: つれづれに

すっかり秋らしくなりました。熱中症の夏がうそのようです。我が家のプランター栽培のピーマンは、夏の間、枯れてしまったかに見えましたが、涼しくなると葉っぱを出して、実をつけました。よほど暑かったんだねえ、とピーマンをいたわっています。

菅新内閣が発足しましたが、消費税増税と法人税減税、普天間基地の辺野古移設、と自民党時代に逆もどりの庶民いじめ路線。こちらはいたわるわけにいきません。尖閣諸島問題では右往左往ぶりを露呈し、その上、小沢元幹事長は検察審査会の決定で「強制起訴」が決まりました。

「民主党にはがっかり」街頭で演説していても、こんな声を多く聞きます。一方、尖閣諸島問題で歴史的根拠を示し、「日本固有の領土」であることを主張する日本共産党には、注目が集まっているのを感じます。事実と道理で平和的に解決することが重要です。


尖閣諸島問題についての日本共産党の見解は日本共産党中央委員会のウェブサイトでご覧いただけます。尖閣諸島問題 日本の領有は歴史的にも国際法上も正当

全く異常な福岡県

投稿: 2010年07月28日 | カテゴリ: つれづれに

国保署名に大きな反響と切実な声が寄せられました。ご存知でしょうか。福岡県が以前、市町村の国保会計に、2億円程度のわずかな補助をしていたこと。一人当たり40円は他県と比べても、情けないほど少ない額でした。それが、どうでしょう。県は2008年に、補助をなくしてしまったのです。ゼロです。福祉にはとにかく冷たい福岡県政です。

一方、県議のムダづかい、不祥事は目を覆うばかりです。政務調査費で官能小説を買った議員、二人で90万円のハワイ視察を行った議員など、マスコミでも厳しい報道が続いています。

海外視察を常任委員会等でもできるように拡大したのは2007年、日本共産党の議員が4人から1人に減った直後です。私は、議会運営委員会で「拡大は許されない。自費で行けばよいではないか」と主張してきました。17県が海外視察をやめた中、福岡県は全く異常です。

参議院選挙

投稿: 2010年06月03日 | カテゴリ: つれづれに

迷走を続けた鳩山首相が国民の信頼をなくし辞任しました。2009年の総選挙での「政治を変えたい」という国民の思いを次々と踏みにじってきたのですから当然です。とりわけ、普天間問題で沖縄県民の一致した声さえアメリカに伝えられず、辺野古案に逆もどりしたことは、一国の首相として本当に情けない。

一方、日本共産党の志位委員長は、2010年5月、NPT再検討会議にあわせて渡米し、核兵器廃絶問題で多くの国の代表に申し入れを行うとともに、アメリカ政府(国務省)と普天間基地問題で「無条件撤去しかない」との立場、沖縄県民の怒りを伝えました。

NPT再検討会議は、これまでにない前進を勝ち取り、日本共産党とアメリカ政府との直接の会談も「意見交換は重要。意見が違ってもこれからも続ける」との合意ができました。世界も日本も大きく変化する中、歴史的な参議院選を迎えます。

冬の間枯れていたプランターのにらが緑の葉を出したかと思ったら、あっという間に20センチにも伸び、パセリも急に大きくなりました。春の息吹を団地のベランダで感じています。

心洗われる映画を見ました。「命の山河 日本の青空U」です。岩手県沢内村で老人と乳児の医療費無料化に踏みきった深沢晟雄村長の物語。

豪雪に閉ざされる無医村で、子どもや貧乏人が次々亡くなっていくのを何とかしたいと立ち上がった村長。ついに、乳児死亡ゼロを達成するのです。当時、国民健康保険法(国保法)違反であった「無料化」を、憲法25条を盾に実現させました。私が生まれたころのお話です。人間の命を何よりも大切にした深沢村長の崇高な思いと行動力に学びたいと思いました。

あれから50年。格差と貧困の広がりはますます深刻です。せめて国保料の引き下げを。4月の直接署名にご協力を!

確かな変化

投稿: 2010年02月01日 | カテゴリ: つれづれに

日本共産党第25回党大会が2010年1月に開かれ、私は代議員として参加しました。

大会で驚いたのは、経済同友会の終身幹事である品川正治さんが「平和・民主・革新の日本をめざす全国の会」(全国革新懇)の代表として来賓あいさつに立ち、「みなさん、反共の壁は崩れつつあります。共産党の出番です。」と熱烈なエールを送ってくださったことです。

これまで自民党一党支持だった全国農業協同組合中央会(JA全中)からも「政策は一致する」とのメッセージが寄せられました。財界人からも農協からも激励される、少し前までは考えられないことでした。

ねこやなぎがふくらむ合馬に出かけたときのこと。

「共産党は好かんやったけど、今は政治がむちゃくちゃ。共産党もがんばっ。」とおじいさん。短冊に切った大根を花が咲いたように軒に干す作業をしながらの会話です。

心温まる風景の中で、ここでも確かな変化を感じました。

年末に義父が心筋梗塞で緊急手術。ICUに通いながら年が明けました。健康が何よりと実感する年明けでした。元日、日田の実家は雪かきするほどの大雪。枝を張った梅の木の一枝一枝に雪が降り積もり、その雪の下で、つぼみが膨らんでいました。自然の営みに心がほころんだその日、義父の呼吸はやっと落ち着きました。

農協の役員をしていた義父は共産党の農業政策を早くから評価していました。今、農協全国大会に志位委員長が招かれ共感の声をいただくなど、大きな変化が生まれています。参議院選挙が行われる今年2010年は、間違いなく変革の年となるでしょう。

戦中戦後を生きてきた高齢者が、「長生きをしてよかった」といえる社会に近づけたい。年頭に当たり、この思いをいっそう強くしています。

年越しに際し、「派遣村」が各地で取り組まれる深刻な雇用状況が続いています。「若い人に安定した仕事を」「後期高齢者医療やめて」「お金の心配なく学びたい」こうした声をしっかり受け止め、全力でがんばります。

雇用対策はまったなし

投稿: 2009年10月01日 | カテゴリ: つれづれに

徳力団地の銀杏が今年はたくさん実をつけて、銀杏拾いの散歩姿が目立ちました。秋の味覚が食欲をそそる季節です。秋の深まりとともに、心配になるのが、失業者の増大です。若い世代のホームレスが増え、高校生の就職もかつてなく厳しいと聞くと、本当に胸が痛みます。

ヨーロッパ諸国では、失業しても雇用保険の期間が3年あるいは5年など、日本では考えられないくらいに長く保障され、その間に職業訓練でスキルアップが可能といいます。雇用の安定と社会保障の充実がなければ、消費購買力も高まらず、経済の再生も困難です。

「正社員が当たり前の雇用形態に」「最低賃金を時給1000円以上に」「中小企業の直接支援予算を」という政策の実現は待ったなしです。年越しに派遣村はつらすぎます。政府に早急な雇用対策を求めましょう。

-->