福岡県議団バナー
トップページにもどる

第25回救援バザー

投稿: 2014年01月28日 | カテゴリ: 日記

第25回救援バザー

第25回救援バザー

恒例になった「震災救援バザー」には、今回もたくさんの方にご協力いただきました。

開始直後の2時には、行列ができるほどの盛況で、野菜やおこわなど完売いたしました。季節のリースも前回から始めました。クリスマスにはおなじみのリースですが、外国では年間通して、季節のリースが親しまれているそうです。

第25回救援バザー

今回は1・2月バージョン。千両と牡丹があしらわれたリース、とても素敵です。

収益は、21455円となりました。ご協力ありがとうございました。

市民の会 女性団体交流会

投稿: 2014年01月25日 | カテゴリ: 日記

女性団体交流会

北九州市民の会の、「女性団体交流会」が開かれました。

日本共産党北九州市議団の石田康高団長から市政についての報告。これに続いて、わたくしが、日本軍「慰安婦」問題についてお話させていただきました。

国際的にも、国内でも、早期解決の意見書や決議、勧告が出されています。「北九州でもぜひ採択を」と団体署名運動に取り組むことから、この機会をつくっていただきました。

翌日、NHK会長の「慰安婦」問題についての暴言が大問題に。歴史の真実を直視しない勢力の台頭は、おそろしいものがあります。

一刻も早い解決を心から願います。そのための運動をつくっていきましょう。

第26回日本共産党大会

投稿: 2014年01月16日 | カテゴリ: 日記

第26回日本共産党大会に代議員として参加しています。昨日、志位委員長の報告と討論、今日は38人の方が討論に参加されました。

特に今日は、若い代議員の発言が続き、圧倒されました。米倉春菜都議、吉良佳子参議院議員、そして各地の青年の発言は、負けず劣らずきらきら輝いています。ブラック企業で身も心もボロボロになっていた若者が、党と出会って、それは生き生きと「世の中変えたい、変えられる」とあつく語る姿に、涙がこぼれました。

日本共産党のすばらしさを再認識。元気と勇気をもらっています。

会場が山の中なので、電波の状態が不安定で、更新できません。帰ってから、詳しく報告します。

党大会会場で

党大会会場で

山登っています

投稿: 2014年01月16日 | カテゴリ: 日記

党大会会場に向かっています

党大会2日目、宿舎から会場に向かう途中です。

柳瀬正夢展

投稿: 2014年01月10日 | カテゴリ: 日記

北九州市立美術館で「柳瀬正夢展」が開かれています。

1900年生まれ、1945年に空襲で命を落としたマルチな才能を持つ柳瀬正夢の迫力の作品が展示されています。

幼少のころ、門司で過ごした正夢は北九州ゆかりの人です。日本画、洋画、漫画、ポスター、俳句等々、さまざまな分野で傑出した才能を持っていました。日本共産党員であり、治安維持法違反で獄中生活も経験しました。困難な時代に、さらに困難な生き方をしたにもかかわらず、作品数が多く、バラエティに富んでいることに驚きました。特に、「無産者新聞を読め」というポスターは、胸を突かれるような迫力があります。2月2日までですので、どうぞ、時間をとってご覧ください。

写真の「四季さくら」は美術館の敷地のものですが、寒い中で小さな花をつけていて可憐でしたので写真に収めました。

四季さくら

四季さくら

四季さくら

青年学習交流会

投稿: 2013年12月15日 | カテゴリ: 日記

青年学習交流会で乾杯の一コマ

真島省三(日本共産党福岡県委員会副委員長)さんを迎えて、ブラック企業問題について学習しました。

真島さんは、日本共産党の「ブラック企業規制法案」についてわかりやすく解説。経済団体や労働組合との懇談の様子、また青年の働き方の実態について調査の中身も報告しました。民青同盟福岡県委員長の宮崎さんからは、民青の全国大会について報告がありました。

ブラック企業対策について自治体に請願を出すことや、被爆の実態、戦争の実態について聞き取りを行うことなどが、大会で決定。福岡でも頑張ろうと呼びかけられました。そのあとは、みんなで鍋会。今回は、寄せ鍋ともつ鍋で、大いに食べ大いに語りました。

1年間、学習交流集会を続けてきましたので、来年はさらに飛躍するように、私たちもしっかり支援したいと思います。どうぞ、たくさんの若者、参加してください!

映画「ひまわり」

投稿: 2013年12月11日 | カテゴリ: 日記

映画「ひまわり〜沖縄は忘れない、あの日の空を〜」上映会がありました。沖縄の基地をめぐる悲劇、怒り、今も続く被害が、人間ドラマとして情感豊かに描かれ、何度も涙しました。

1959年6月30日の宮森小学校ジェット機墜落事件。死者12人、重軽傷者210人という大事故は、史実としては知っていましたが、そのすさまじさ、理不尽さを映画は改めて教えてくれます。

戦後を生きる子どもたち、教師、親たちが生き生きと描かれ、主人公良太や幼い一平が愛らしくいとおしい。「先生にあげるよ」といってひまわりを渡した直後に事故で死んでいった一平君の姿に、胸が締め付けられる思いでした。50年以上にもわたって、そのことがわすられないという生き残った人たちの苦しみもおしはかることができます。

2004年の沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故、さらにオスプレイの配備、繰り返される犯罪。大学生が現在と過去と未来をつなぐ役割を果たし、基地があるゆえに分断と矛盾を生むその悲しさも織り交ぜ、壮大な平和へのメッセージを発する物語となっています。ぜひ、多くの人に見ていただきたいと思いました。

強行採決に抗議

投稿: 2013年12月05日 | カテゴリ: 日記

強行採決に抗議

午後5時20分から、新婦人のメンバーに「ストップ秘密保護法ネットワーク北九州」のメンバーも加わり、参議院委員会での秘密保護法強行採決に抗議する行動を行いました。朝日新聞が取材に来ました。最後まで、反対の声を広げに広げましょう。それにしても、自民・公明はクーデターのようなやり方。怒りがこみあげてくる。

強行採決に抗議

強行採決に抗議

強行採決に抗議

強行採決に抗議

強行採決に抗議
シール投票

反応が上がってきました。シール投票は、圧倒的に、反対・慎重審議です。

吉野高幸弁護士を慰労する会

投稿: 2013年11月28日 | カテゴリ: 日記

吉野高幸弁護士を慰労する会

吉野高幸弁護士を慰労する会

北九州第一法律事務所の吉野高幸弁護士を慰労する会が開かれました。

45年間、北九州で労働者・市民の立場で活躍された吉野弁護士が70歳を迎え、第二の人生を歩まれるとのことで、多くのみなさんが集まりました。三浦久元衆議院議員が所長の第一法律事務所の実質的なまとめ役としてさまざまな闘争の先頭にたち、特にカネミ油症裁判では中心的な役割を担われました。

北九州市長選挙にも2回立候補。今夏の参議院選挙では、仁比そうへい参議を国会に送るために大きな役割を果たされました。本当にご苦労さまでした。

北九州第一法律事務所出身の弁護士のみなさん

北九州第一法律事務所出身の弁護士のみなさんがステージに勢ぞろいされましたが、その人数の多さは圧巻でした。こんなに素晴らしい民主的な弁護士を北九州で育てていただいたことに、心から敬意を表します。

私にとっては、市長選挙と県議選挙とともに戦ったことが、一番の思い出です。本当にご苦労様でした。

第23回救援バザー

投稿: 2013年11月26日 | カテゴリ: 日記

第23回震災救援バザー

第23回震災救援バザー

第23回震災救援バザー

今回のバザーの売り上げは、フィリピンのレイテ島を直撃した台風30号(ハイエン)の被災者支援におくります。金額は集計でき次第、追記します。みなさんのご協力ありがとうございました。

小倉南後援会のバスハイク

投稿: 2013年11月14日 | カテゴリ: 日記

若松エコタウンの風車

小倉南日本共産党後援会で秋恒例のバスハイクに行きました。若松のエコタウンで、風力発電と家電リサイクル工場を見ました。

市内であっても、施設をゆっくり見学することは少ないので、参加者は熱心に見入っていました。とにかくお天気がよく、気持ちの良い一日でした。

真っ青な空に、高さ100メートルの風力発電がゆうゆうとまわって、美しい光景です。響灘風力発電施設には10基の風力発電があり、一基当たり総出力が1500キロワット(10基で15000キロワット)、計画発電量は、年間3500万キロワット時となっており、約1万世帯の年間電力消費分に相当するということです。

家電リサイクル工場では、テレビの分解工程を見学しました。そのあとは、かんぽの宿で、おいしい食事をいただきました。

私は、そのあと、急いで市役所に戻り、特定秘密保護法問題で記者会見しました。

気持ちの良い一日だっただけに、フィリピンの惨状に胸が痛みます。今月の救援バザーは、フィリピンに義援金を送りたいと思います。26日火曜日午後2時から徳力団地集会所にて。こちらもよろしくお願いします。


キロワットとキロワット時については日経BP社のTech-Onの用語辞典でわかりやすく紹介されています。

さよなら原発九州沖縄集会

投稿: 2013年11月10日 | カテゴリ: 日記

会場3.JPG

さよなら原発九州沖縄集会が、雨にもかかわらず、1万人以上の参加で成功しました。

朝から、会場に駆けつけました。たくさんの出店がそろい、10時からのライブステージもそれぞれの個性が光るパフォーマンスでした。

午後の本集会では、各県の代表呼びかけ人からの訴えが力強く行われました。福岡の代表呼びかけ人の一人、吉岡斉さん(九州大学副学長、政府事故調査委員会委員)から、事故調査に基づく報告と「脱原発政策」を市民会議で作成中とのお話があり、大変励まされました。各県から、医者、元大学教授、主婦など立場の異なる方々が、それぞれ思いのこもった発言が続き、胸を打たれました。宮崎からバス7台で250人参加との元宮崎大学学長の報告に大きな拍手がわきました。

福岡県内の福智町、香春町の町長から連帯メッセージが届き、社民党党首のあいさつ、日本共産党からは仁比そうへい参議院議員が登壇し、志位和夫委員長のメッセージが力強く読み上げられました。「3・11行動する会」、避難者からの訴えに続き、集会宣言が採択されました。子どもたちが、リンゴを投げて、原発をやっつけるパフォーマンス。 コールの練習では、ダンスも披露されました。

3コースに分かれて、長い長いパレードがつづきました。私は、コールをリードしてがんばりました。パレードの様子は動画でご覧ください!

ひーしゃんの畑

投稿: 2013年11月08日 | カテゴリ: 日記

義母の住む日田に帰ってきました。

国会の状況が気になりながら、夜6時の金曜行動には参加しました。再稼働も秘密保護法も許せませんね。ひどすぎます。

10日は、いよいよ「さよなら原発九州沖縄集会」です。ぜひ、福岡市の舞鶴公園におこしください。わたくしも、午前中から参加します。会場でお会いしましょう。

写真は、日田の家の畑です。私の好きなゆず畑が、陽を浴びてとてもきれいでした。急に寒くなったので、冬野菜が元気です。まき始めた白菜はすごく大きく「今年は優秀」と義母も満足げでした。大根も元気です。

田舎の空気を吸うと元気になります!

元気な冬野菜

元気な冬野菜

元気な冬野菜

元気な冬野菜

元気な冬野菜

元気な冬野菜

金曜行動66回目

投稿: 2013年11月01日 | カテゴリ: 日記

金曜行動66回目

いよいよ11月10日、「さよなら原発九州沖縄集会in舞鶴公園」が間近になりました。参加の訴えを行いました。

安倍首相は、トルコへの原発輸出合意で得意げですが、とんでもありません。アメリカのサンオノフレ原発は、三菱重工が納入した蒸気発生器の細管にトラブルが起きたことで、今年1月に停止、その後住民運動によって、6月廃炉を決めました。三菱重工に対し、アメリカは損害賠償を求めてきています。

地震国トルコで、事故が起これば、当然日本の責任はまぬかれません。汚染水問題も解決していないのに、輸出などできないということ、10日の集会で示しましょう。

多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

金曜行動66回目

金曜行動66回目

金曜行動66回目

健康まつり

投稿: 2013年10月26日 | カテゴリ: 日記

健康まつり

健康まつりが健和会大手町病院で行われました。

台風が去り、青い空も見え始めた会場に、たくさんの人が集まっています。お店も並んでいます。中間市から来たという「ナッカマン」?と写真撮影。

私は、来賓としてごあいさつさせていただきました。

健康まつり

健康まつり

健康まつり

健康まつり

健康まつり

金曜行動65回目

投稿: 2013年10月25日 | カテゴリ: 日記

金曜行動

寒くなってきましたが、金曜行動はにぎやかに行われています。皆さんも一度おいでください。

平和のための戦争展

投稿: 2013年10月20日 | カテゴリ: 日記

中学生のための日本軍「慰安婦」展

恒例の「平和のための戦争展」が八幡西区のひびしんホールで3日間にわたって開かれました。

最終日の20日は、映画「X年後」が上映され、わたくしも見ました。 高知におけるマグロ漁船が、第五福竜丸と同じように被爆し、多くの乗組員がなくなっている事実を丁寧に取材したドキュメンタリー映画です。

高知では、幡多高校生ゼミナールの生徒たちを中心に、この問題を調査し、「ビキニの海は忘れない」という作品にまとめていましたが、今回はその続編であり、さらに月日がたち、深刻な事態がすすんでいました。一貫してこの問題に取り組んでいらっしゃる山下先生が、「これほどの問題を見過ごしてしまうのでは、日本人の資質が問われる」と話されたのが印象的でした。

原発、核兵器問題とともに、こうした事実にもきちんと目を向けなければ、と思います。

中学生のための日本軍「慰安婦」展は、恒例になりました。写真でパネルをとらせていただいたので、ぜひ、見てみてください。

中学生のための日本軍「慰安婦」展

中学生のための日本軍「慰安婦」展

中学生のための日本軍「慰安婦」展

消費税増税やめて 徳力商店街ねりあるき

投稿: 2013年10月15日 | カテゴリ: 日記

徳力商店街ねりあるき

消費税増税をやめさせましょう!

いつもお世話になっている徳力商店街をハンドマイクをもって歩きました。途中7か所で訴え。

消費税増税には道理はありません。消費が落ち込み、経済もダメになります。
消費税8%で8兆円の負担増、一方で大企業向け減税などの経済対策に6兆円。大企業優遇の穴埋めになります。97年に5%になったあと、景気が落ち込み90兆円あった税収は84兆円に下がりました。景気が悪ければ、所得税も法人税も落ち込みます。孫子の代のつけをもっと増やすことになります。消費税をあげないことが、一番の景気対策です。

車の中や道行く人から、「がんばって」と激励。署名をもって訪問していた4人が1時間で31筆集めました。あきらめて署名しないという人もいますが、自分から「書きます」と寄ってくる方もいます。あきらめないで、私たちの声を署名に託しましょう!

国会議員団の沖縄調査

投稿: 2013年09月28日 | カテゴリ: 日記

「SACO(沖縄に関する特別行動委員会)合意以降、普天間基地は負担が倍に」「オスプレイが民家の真上をとびまわる」異常な実態が動画でわかります。

ぜひ、視聴してください。

-->