福岡県議団バナー
トップページにもどる

集団的自衛権に抗議

投稿: 2014年07月04日 | カテゴリ: 声のおたより

集団的自衛権容認の閣議決定をうけてつくりました。


テキスト

みなさん、こんにちは。日本共産党、たかせ菜穂子の声のお便りです。

みなさん、安倍政権は、7月1日、集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行しました。満身の怒りをこめて抗議します。

歴代の自民党政権が集団的自衛権は行使できないといってきたのに、国会にもかけず、国民的な討論もせず、一内閣の一片の閣議決定で憲法解釈を変えるなど、議会制民主主義の国で許されることではありません。

集団的自衛権は、日本が攻撃されていないのに、海外に出かけていって戦争をすることです。イラク戦争やアフガン戦争のような戦争に日本も参戦するということです。皆さんは、子どもや孫、夫や恋人を戦争に送りたいとおもいますか?

愛する人を戦場に送る、殺し殺される、そんな国にしてよいのかが問われています。

戦争で解決できることなどない、イラクやアフガニスタンの現状を見れば明らかです。戦争によって、テロや混乱がますますひどくなっているではありませんか。

イラクで戦闘に加わったアメリカ帰還兵のうち、3分の1の60万人が、PTSDに苦しんでいます。戦場の記憶が心と体を蝕み、毎日20名以上が自殺しているのです。戦闘地域にはいかない、武力行使はしないという歯止めのかかっていた、自衛隊でさえ、帰還した1万人のうち、28名が自殺しています。

安倍首相は、「戦争ができる国にするのではない」といっていますが、国会では、「戦闘地域には行かない」「武力行使はしない」という縛りを残すのか、という質問に、「残す」とは言いませんでした。いったん戦闘地域に入ってしまえば、それが後方支援であれ、武器弾薬の補給であれ、相手から見れば攻撃対象でしかありません。戦闘行為、つまり戦争に巻き込まれることは、アフガン戦争でNATO軍が1000人以上の戦死者を出した事実からも、明白です。

政府は、日本に対する危険が明らかな場合に、集団的自衛権の発動をするといっていますが、その判断は政府に任されており、その根拠については、「特定秘密で、公表できない」となれば、国民は、何が正しいのか判断できないまま、戦争に巻き込まれることになります。

戦後、69年、日本は、戦争で他国の人を一人も殺さず、日本の自衛隊も戦場で命を落としていません。この歴史こそ世界に誇れるものではないでしょうか。

みなさん、アジアで2000万人、日本で310万人以上という、尊い犠牲の上に、「二度と戦争をしません」と誓ったのが、日本国憲法9条です。そして憲法は、時の権力の暴走を、国民が縛るための最高法規なのです。今こそ、主権者として「憲法守れ」の声をあげましょう。

かつて戦火の絶えなかった東南アジア諸国では、紛争を戦争にしないため、年間1000回にも及ぶ話し合いを行っています。日本共産党は、北東アジアでも、話し合いによる平和の共同体をつくる構想を発表し、憲法を生かした平和外交を進めることを求めています。

「教え子を再び戦場に送らない」の思いで政治活動に取り組んできた、私、たかせ菜穂子にとって、集団的自衛権の行使容認は到底許せないことです。自衛隊を海外に派兵するには、これから17もの法律を変える必要があります。「戦争をする国」にさせないため、国民的な運動を広げましょう。

戦前の暗黒の時代にも、侵略戦争に命がけで反対を貫いた日本共産党へのご支援をお願いし、たかせ菜穂子の声のお便りを終わります。


音声

データについて

  • MP3形式 2.64MB
  • 5分47秒

プレイヤーの操作について

  • 左側の+と−で音量の調整ができます。
  • 右側の三角は左が巻き戻し、中央が再生と一時停止、右が早送りです。
  • 「DL」をクリックするとダウンロードできます。

消費税は大企業減税の穴埋め

投稿: 2014年06月27日 | カテゴリ: 声のおたより

ご町内のみなさん、こんにちは。日本共産党 高瀬菜穂子の声のお便りです。

安倍政権が、消費税8%増税、医療・介護の切り捨て、原発再稼働、海外輸出、そして、戦争ができる国づくりと、暴走を極めています。日本共産党は、この暴走に正面から対決し、国民の立場からの対案を提案し、草の根の共同をすすめてがんばっています。来年4月の一斉地方選挙は、もっとも早い全国的な政治戦です。暴走ストップ、くらしと平和の守れ、の思いを、日本共産党のたかせ菜穂子に託していただきますよう、お願いいたします。

さて、安倍政権は、消費税増税は、社会保障のためだと大宣伝を行いました。しかし、国会最終盤で強行採決した「医療介護総合法案」では、入院ベッド数を大幅に減らし、要支援を保険から外す、とんでもない改悪をしようとしています。年金も6月からまた下がりました。社会保障のため、は大嘘です。本当は、大企業減税の穴埋めのためなのです。トヨタの社長が記者会見で、2009年から5年間、国税を一円も払っていないことを明らかにしました。株主配当は1兆円を超えるのに、どうして、国の税金はゼロなのでしょう。

それは、研究開発減税や連結決算など、大企業のための減税の仕掛けが多数あるからです。その上、今年度、復興特別法人税を1年前倒しなくすなど1.5兆円の減税を行うことが決まっています。安倍首相は、さらに、法人税率を10%も下げると言い出していますが、これが実行されるとさらに5兆円、合わせて6.5兆円も大企業減税となります。1年間で私たちが払う消費税は8兆円ですから、ほとんどが大企業減税の穴埋めにされるということになるではありませんか。

消費税は、平等な税金ではありません。大企業は、すべて価格に転嫁できるため、全く負担せず、年金暮らしや少ない賃金で暮らしている庶民が毎日毎日払い続ける税金なのです。当然、消費は落ち込みます。そうなれば、失業や倒産が増え、ますます経済は深刻になります。消費税の10%増税は許せません。高瀬菜穂子は、消費税増税をやめさせるため、がんばります。

安倍政権は、大企業から莫大な献金をもらい、大企業減税、消費税増税、さらに、正社員でも首切り自由の限定正社員制度や一生派遣を認める制度、残業代ゼロの成果主義賃金制度を導入しようとしています。福岡県の非正規雇用は、80万人、全労働者の40%を占めます。非正規率は全国で5番目に高い、超ワーキングプア県です。労働者の2人に1人が、年収300万円以下で働いているのです。

今やるべきは、増税ではなく、賃上げです。大企業の世界一溜め込んだ内部留保の一部を使えば賃上げは可能です。中小企業支援を行いながら最低賃金を引き上げるなど、経済を足元から温める政策に転換させれば、所得税や法人税を増やし、財政再建・社会保障の充実に道を拓くことができます。

企業献金も政党助成金も一切もらわない、日本共産党の経済提言をぜひ、ご覧ください。真実を伝える「しんぶん赤旗」の購読を呼びかけまして、日本共産党、」高瀬菜穂子の声のお便りを終わります。

データについて

  • mp3形式、2.69MB
  • 5分52秒

プレイヤーの操作について

  • 左側の+と−で音量の調整ができます。
  • 右側の三角は左が巻き戻し、中央が再生と一時停止、右が早送りです。
  • 「DL」をクリックするとダウンロードできます。

声のおたより(集団的自衛権)

投稿: 2014年06月20日 | カテゴリ: 声のおたより

音声データは後日アップします。


みなさん、こんにちは。日本共産党、高瀬菜穂子の声のお便りです。

みなさん、安倍政権は残りわずかな会期末までに、独裁的手法で憲法9条を根本から破壊しようとしています、歴代の自民党政府も「憲法違反だ」と認めてきた集団的自衛権について、憲法解釈を変えて、「集団的自衛権を行使」できるように、今国会中の閣議決定を強行しようとしているのです。「集団的自衛権」とは、「自衛」という言葉が入っているため、「国民を守ってくれるもの」と思っている方もいらっしゃると思いますが。そうではありません。日本が攻撃されなくても、同盟国が、攻撃されたとき「武力で反撃するもの」だと説明しています。アメリカなど、他国の戦争に加わる権利が「集団的自衛権」なのです。

戦後の戦争は、集団的自衛権の名の下に、多くの国が参戦しました。ベトナム戦争、イラク戦争、アフガニスタン侵攻、これらの戦争が、どれほどの犠牲を生んだでしょうか。。そして結局、戦争によって、テロや混乱はさらにひどくなっています。戦争で解決できること等ありません。

イラクで先頭に加わったアメリカ帰還兵のうち、3分の1の60万人が、PTSDに苦しんでいます。戦場の記憶が心と体を蝕み、毎日20名以上が自殺しているのです。戦闘地域にはいかない、武力行使はしないという歯止めのかかっていた、自衛隊でさえ、帰還した1万人のうち、28名が自殺しています。

集団的自衛権の行使は、これまで平和憲法の下でかかっていた「戦闘地域には行かない」「武力行使はしない」という縛りをなくすものです。戦後、69年、自衛隊ができてから60年、日本は、戦争で他国の人を一人も殺さず、日本の自衛隊も戦場で命を落としていません。この歴史こそ世界に誇れるものではないでしょうか。

「集団的自衛権が行使される」ようになれば、真っ先に、ねらわれるのは、若い世代です。皆さんの、子どもや孫、夫や恋人を線所に送る、殺し殺される、そんな国にしてよいのかが問われています。

政府や一部のマスコミは、中国や北朝鮮の動きを毎日報道して、危機感をあおり、「最小限の自衛」が必要と繰り返し、「戦闘地域には行かない」という歯止めをはずそうと躍起になっています。しかし、いったん戦闘地域に入ってしまえば、それが後方支援であれ、武器弾薬の補給であれ、相手から見れば攻撃対象でしかありません。戦闘行為、つまり戦争に巻き込まれることは、アフガン戦争やイラク戦争でNATO軍が1000人以上の戦死者を出した事実からも、明白です。

みなさん、アジアで2000人、日本で300万人以上という、尊い犠牲の上に、「二度と戦争をしません」と誓ったのが、日本国憲法9条です。そして憲法は、時の権力の暴走を、国民が縛るための最高法規です。憲法を生かした平和外交をすすめましょう。日本共産党は、北東アジア平和協力構想を発表し、東南アジアで実践している「紛争を戦争にしない」ための枠組み作りのために全力をあげています。

「教え子を再び戦場に送らない」の思いで政治活動に取り組んできた、私、高瀬菜穂子にとって、集団的自衛権の行使を一内閣の閣議決定で容認するなど、到底許せないことです。子どもたちの未来のために、今、声をあげましょう。戦前の暗黒の時代にも、侵略戦争に命がけで反対を貫いた日本共産党へのご支援をお願いし、高瀬菜穂子の声のお便りを終わります。

声のおたより(消費税)

投稿: 2014年06月09日 | カテゴリ: 声のおたより

声のおたよりをはじめました。今回のテーマは消費税です。(mp3形式、2.8MB、5分52秒)

プレイヤーの操作について

  • 左側の+と−で音量の調整ができます。
  • 右側の三角は左が巻き戻し、中央が再生と一時停止、右が早送りです。
  • 「DL」をクリックするとダウンロードできます。
-->