福岡県議団バナー
トップページにもどる
P2200199.JPG

文部科学省指定の八女市小中一貫校「上陽北汭学園」に視察に行きました。丁寧な対応をしていただいた学校と八女市教育委員会のみなさんにお礼申し上げます。

上陽北汭学園は平成21年に開校し、平成24年に施設一体型として出発しています。木材をふんだんに使った新しい校舎は、高校のような広い体育館、武道場をもち、エアコン完備の教室、二つの図書室などがある明るくて快適な空間です。教室には「7年1組」「8年1組」などと表示があり、なるほど一貫校だなあと感じました。

P2200198.JPG

1年19人、2年23人、3年23人、4年20人、5年22人、6年26人、7年21人、8年33人、9年32人で、全校生徒219人の小規模校です。

もともと、旧上陽町には、6つの小学校と2つの中学校があったのですが、生徒数が減り順次統合され、小1中1になっていました。そこに、教育委員会から一貫校の提案がなされたということです。

しかし、住民のみなさんからは、「なぜ1年から9年まで一緒にするのか」「剣道や茶道のための『礼節ことば科』が必要か」などの声が上がったということです。説明会やアンケートなどを経て、開校となりました。全町からの通学は、徒歩、路線バス、スクールバスで、その費用は八女市が負担しています。

この学校の特徴は、

  1. 「礼節ことば科」という特別の授業をおこなっていること
  2. 中学校の先生が小学校へ、また、小学校の先生が中学校へ行くなど、相互にのりいれて、一部教科担任制であること
  3. 5年生から9年生まで定期テストを行っていること
などがあげられます。

教員配置は、八女市の単独加配2人、県の加配1人、主幹教諭1人、養護教諭2人、司書1人で、中学校の技術、家庭科を除き、正規教員が配置されているとのことです。県下の状況と照らして、恵まれた手厚い教員配置です。児童生徒数も少人数であるため、少人数学級のメリットがさまざまな教育活動にプラスに働いていると感じました。算数の授業は、3年から5年まで3人体制で行っているということで、他ではない手厚さです。

しかしながら、現場の先生からお話を伺うと、1年生から9年生までは発達段階が異なり、中学校3年分の教材研究と授業を行ったうえで、小学校の授業を行うことはやはり大きな負担であるということでした。小学校の免許を持つ人の専門性をもっと重視すべきだと思います。

また、6年生がリーダー性を身に着ける機会を奪われている点については、学校側からも問題意識が語られました。

「奪われる高学年」は、小中一貫校のもつ重大な問題として指摘されています。恵まれた環境の上陽北汭学園であっても、中学生になることに対する、緊張感やいい意味での「不安」などがなく、小学校の延長線上で中学生になってしまうことに、飛躍の機会がなくなっているという問題が浮かび上がってきます。最上級生として、さまざまな行事を成功させ、達成感を持つことが、その後の自信となり成長を支えます。

「奪われる高学年」問題は、一貫校の構造的な問題として考える必要があります。

教頭先生が、小学校と中学校に先生方が相互に入ることで、その把握が大変であること、一覧表をつくって毎日チェックしていると苦労話をされました。全学年1クラスでもそれだけ複雑なのですから、これが複数クラスであれば、どれだけ大変なことになるか想像に難くありません。

「礼節ことば科」は低学年20時間、3年生以上は40時間も行っています。国語、体育、生活科、総合学習の時間を削って時数の確保を行っているということです。元国語教師の私は、国語が14時間もけずられていることに率直に驚きました。

小学校5生、6年生の定期テストは、問題づくりが大変で、現在は、全国学力テストの過去問題でやっているとの報告でした。これでは、学力テストの平均点競争に巻き込まれるだけではないかと思います。中学校の学力競争を拡大することにつながるのであれば、大いに問題です。

小規模校で、9割が授業参観に来られるという教育熱心な地域環境で展開されている「小中一貫教育」。少人数であるというメリットを大いに感じた学校ですが、その実践から教訓を引出し、子どもの成長、人格の完成、真の学力をつけるとはどういうことか、など教育の根幹にかかわる議論を行いたいものです。

-->
この記事へのコメント
うわべたけの視察をされてきたんですね。
今の9年生の生徒、親、先生達、PTAが
口止め沈黙している事件って何なんでしょうか?

イジメなのか...警察沙汰になってもおかしくない
事件があったようで...教育委員会すら知らない事
なのでしょう。
Posted by X at 2014年05月03日 03:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。