福岡県議団バナー
トップページにもどる

宗像市での小中一貫の取り組み

投稿: 2013年06月28日 | カテゴリ: 子どもと教育

宗像市の報告パネル

宗像市の報告パネル

北九州子どもと教育のために手をつなぐ会で小中一貫校についての「しゃべり場」に参加しました。

小中一貫の取り組みが進む福岡県宗像市の状況が報告されました。資料としてだされたパネルには小中一貫校の取り組みの推移、研究発表の時期、不登校数と病休の先生の数がまとめられています。

研究発表を前後して、先生の病休者が急激に増えており、激務になっていることが推察される資料です。 宗像市の新留久味子議員からは、「小中一貫で、子どもにとってよいことは全くないと思います。宗像の教訓を生かして、導入をやめさせてほしい」と訴えがありました。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。