福岡県議団バナー
トップページにもどる

日本共産党は北九州市で4期16年間、10名の市議団です。衆議院議員に換算すると79議席に匹敵します。その力を発揮して北九州市政を動かしてきました。

議会ごとの質問、議案提案権の駆使など、10名の力をいかんなく発揮。他の党・議員が市長の提案に100%賛成のなか、市政をきびしくチェックし、市民とともに政治を動かしてきました。市民から出される請願署名の紹介数は、日本共産党がダントツです。この力をさらに大きくし、市民の願い実現するために、日本共産党10名を引き続き市政で働かせてください。

みなさんと共同して願い実現へがんばりぬく

最初は日本共産党だけの提案でも、みなさんと共同をひろげて実現へがんばりぬく10議席です。

中学校給食は30年前に、子ども医療費無料化は40年前に、日本共産党は提案・要求しました。

1997年に中学校給食実現の7万筆の請願署名が集まったときも、2000年に日本共産党が乳幼児医療支給条例が提案したときも、他党派の賛同はえられませんでしたが、のちに実現(入院医療費中学卒業までの無料化)しました。

小中学校の教室暖房も30年以上前に提案し、10名全員で教室の温度を調査。市民の運動と連携するなか実現。今度は教室へのエアコン設置をめざします。

この4年間の議員一人あたりの党派別の請願(個人)署名紹介数

会派 人数
共産党 59146人
自民党 331人
民主党・社民党 754人
公明党 390人

他の会派によびかけ、行動し政治を動かす

日本共産党は悪政に反対するだけでなく、解決策をしめし行動する「変革者の党」です。

住宅リフォーム助成では、2010年、他会派に先進自治体の視察をよびかけて、福島県いわき市を訪問。2011年6月議会に「制度創設を求める決議」を提案、自民党が賛同し可決(民主党・社民党・公明党は賛同せず)。2012年5月から実施されました。

北九州空港アクセス鉄道の問題では、他会派によびかけて宮城県仙台市を視察。仙台空港のアクセス鉄道が赤字である事実を示すなか、推進を主張する議員もいなくなり、計画は休止になりました。

市民の頼れる相談相手

「住民の苦難軽減」が日本共産党の立党の原点。その立場をつらぬいて活動をしています。

日本共産党の市議10人は各区ごとに相談所を構え、4年間で受けた相談件数は約2万件。「そういう相談 なら共産党へ」と他党議員から言われてやってくる人もいるほど、親身な相談が評判です。

旦過市場(小倉北区)の水害被害対策を「再開発とあわせ対策実施」と先送りを主張する市長を議会で批判し、止水板や強制排水用ポンプの設置などを実現しました。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。