main-pc.jpg
福岡県議団バナー
トップページにもどる

大切なこと

投稿: 2011年12月02日 | カテゴリ: つれづれに

11月13日の「さよなら原発集会」に福岡県と佐賀県の県議全員にメッセージの要請を行ったそうですが、メッセージを寄せたのは2人だけ。福岡県の県議からはゼロでした。九電本社のある福岡県で、ともに歩む議員がいないのは、悔しく情けないことです。

東日本大震災、原発事故と国難が襲った今年もあと一ヶ月となりました。被災地では半年遅れの選挙が行われ、日本共産党は連戦連勝。被災3県で県議の議席も大幅に増やしました。悲しみの中で、共産党に希望を託していただいた、その思いに応える活動をしなければ、と痛切に思います。

大阪では、独裁政治を進めようとする「維新の会」が残念ながら勝利。しかし、日本共産党は、反独裁の共同をつくり、追い詰めました。閉塞した状況だからこそ、一人ひとりが主権者として考え行動することが大切。「ヒーロー」を求めるのでなく。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。