main-pc.jpg
福岡県議団バナー
トップページにもどる

今後の運動が大切です

投稿: 2011年11月28日 | カテゴリ: つれづれに

すごい集会でした。立場の違いを超えて、原発ノーの一点で、多くの人が集まりました。マスコミも大きく取り上げ、ネット上では、興奮さめやらぬ発信が続いています。

九電は、事故で止まった玄海4号機を稼動させました。1万人集会に挑戦するかのようです。4号機停止の連絡が福岡県に告げられたのは、2時間もたってからでした。

政府交渉では、EPZ(Emergency Planning Zone、緊急時計画区域)の見直し、地形や気候を考慮しての対策、立地自治体並みの原子力協定を政府として促進するよう求めました。原子力委員会は、大都市への影響を考慮して、避難区域を改めると答弁。しかし、協定などは自治体まかせ。今後の運動が大切です。

被災地は、冬に向かっています。11月16日、5回目の「救援バザー」にとりくみ、1万6千円の収益を義援金を送ることができました。息の長い支援をがんばります。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。