福岡県議団バナー
トップページにもどる

日本共産党は政治を動かし願いを実現します

投稿: 2011年03月27日 | カテゴリ: 政策

日本共産党はどういう政党なのかご紹介しています。この内容はしんぶん赤旗2・3月号外の内容と同じです。


日本共産党は、住民のみなさんと力をあわせて、全国3000人の地方議員、2万をこえる党支部が草の根でがんばっています。

国保料引き下げ―署名運動とむすんで

福岡市では、26万をこえる署名をあつめるなど市民の運動と共同。党議員が市議会のたびに質問し、08年、09年で5万円(標準世帯)の引き下げを実現しました。11年度も、1人あたり2000円引き下げられます。

埼玉県所沢市では、党議員が国保税引き下げの条例提案。2011年4月から市民1人5000円引き下げられることになっています。

住宅リフォーム助成―地域を元気に

「職人のあいさつが『仕事がないなぁ』から『忙しいね』に。予算の24倍をこえる波及効果が生まれ、知事も『大きな経済効果』とおどろく」(秋田県)「助成制度の導入後、30代前半までの求人が約2倍にふえ、青年の雇用がふえている」(岩手県宮古市)

住宅リフォームに補助金をつける事業は、いま全国180自治体(2010年末時点)にひろがっています。

税金のつかい道―ムダをなくす

「共産党にしかできん」(保守系議員)─三重県では、県や市からの巨額の補助金で建設された亀山工場の売却を発表したシャープに、6億4000万円を返還させました。

神奈川県横浜市では、1000億円規模の新市庁舎建設計画を、「現市庁舎がまだつかえる。他に優先すべきものがある」とストップさせました。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。