main-pc.jpg
福岡県議団バナー
トップページにもどる
「中学生のための従軍慰安婦展」パネルの前で

門司港で行われた、毎年恒例の「平和のための戦争展」に参加しました。

今年の「戦争展」には、「中学生のための従軍慰安婦展」を企画していただきました。女たちの戦争と平和資料館(wam)からお借りしたいわゆる「従軍慰安婦」の展示は大変好評だったそうです。中国や韓国の方も見られたそうで、民間のこうした努力を知っていただいたことにも意味があると思います。

東京の資料館で行われた「中学生のための従軍慰安婦展」を見たとき、北九州でも展示ができないかと思案していました。このたび私の提案を受けていただいた実行委員会のみなさんに感謝です。

戦争体験が風化する中、こうした語り継ぐ活動は本当に重要です。特に、門司・小倉は戦争遂行の要衝でしたので、その事実や体験を私たちが引き継ぐことが大切だと思います。ご苦労された関係者のみなさん、お疲れ様でした。

-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41038865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック