福岡県議団バナー
トップページにもどる

9月議会はじまる

投稿: 2017年09月12日 | カテゴリ: 福岡県政の問題

sokuho201709.png

9月定例会が9月11日に開会しました。会期は10月31日までの33日間です。

今回上程されたのは、予算案1件、「森林環境税の徴収期間5年間継続」「非常勤職員の育児休業の期間改定」など条例議案8件、契約案件4件、経費負担議案6件、人事案件1件の20議案です。

補正予算案の中心は、7月の九州北部豪雨からの復旧・復興対策費で、補正の災害対策費としては過去最大の634億円が計上されました。

内訳は以下の通りです。

  • 被災道路・河川の復旧に448億円
  • 治山ダムなど災害再発防止に136億円
  • 仮設住宅100戸やみなし仮設経費に11億円

その他新規事業では、被災地への旅行・宿泊料金を割り引く「ふくおか応援割」、農林漁業支援のボランティア団体支援費、小石原焼の共同窯設置支援等となっています。

一般質問(9月22日午後予定)

高瀬が担当します。

  • 「北朝鮮問題」で米朝の直接対話を促す外交を求めよ
  • 核兵器禁止条約の批准を求めよ
  • 災害基金の創設を
  • AV強要、被害者救済と対策を

決算特別委員会

山口律子議員が担当します。

  • 10月2日(総務費)県地域防災計画について
  • 10月3日(保健費)国保の都道府県化、医療費の適正化計画
  • 10月4日(農水費)森林対策、森林環境税について
  • 10月5日(商工費)被災商工業者の支援について
  • 10月6日(教育費)通級指導教室について
  • 10月10日(総括質疑)河川、道路の災害復旧問題について
-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。