たかせ菜穂子プロフィール

1960年 小倉・三萩野に生まれる(旧姓・田代)

1973年 北九州市立三郎丸小学校卒業

1976年 北九州市立足立中学校卒業

1979年 福岡県立小倉高等学校卒業

1983年 広島大学学校教育学部中学校教員養成課程卒業

1985年 広島大学大学院学校教育研究科言語教育専攻修了

志徳中学校(1985年4月〜87年3月)、菅生中学校(1987年4月〜93年3月)、守恒中学校(1993年4月〜98年3月)で国語教師13年。

1999年から2007年まで8年間福岡県議会議員。30人学級を国、県に迫り、各地で少人数学級を実現。乳幼児医療の初診料を無料化や全国一利用しやすい福岡県奨学金制度を実現。

2009年の紫川の水害では現場に急行し、復旧と再発防止のために奔走。

2011年から2015年 日本共産党門司・小倉地区委員会副委員長

2015年 福岡県議会議員(小倉南区選出)県議団長

市会議員、弁護士とともに毎週無料生活・法律相談。

家族は夫。

北九州市民劇場、北九州子ども劇場、北九州子どもと教育のために手をつなぐ会、新日本婦人の会福岡県本部委員。

私の生い立ちを漫画にしたものです。

FacebookとTwitterもやっています。

Facebook.jpg twitter.jpg

2019年12月14日のつぶやき

投稿: 2019年12月15日 | カテゴリ: twitterから


菜の花県政だより2019年12月号

投稿: 2019年12月14日 | カテゴリ: 菜の花だより

菜の花だより201912.png

菜の花県政だより2019年12月号です。画像をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。

2019年12月13日のつぶやき

投稿: 2019年12月14日 | カテゴリ: twitterから




2019年12月09日のつぶやき

投稿: 2019年12月10日 | カテゴリ: twitterから










教員の働き方改革が叫ばれる中、政府は1年単位の変形労働制を公教育現場に導入する給特法(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法)の改定を強行しました。

そもそも「繁忙期」と「閑散期」などなく、年中超過勤務を強いられているのが、学校の実態です。夏休みに休みのまとめ取りを行えるようにし、学期中は勤務時間を10時間にまでのばせるという制度は、長時間過密労働をひどくするだけで、まさに「過労死促進法」です。

教員を増やし、学力テストや教員免許更新制、英語教育の導入など、増え続ける業務を削減することこそ重要です。

この制度導入には条例制定が必要です。条例を作らせないたたかいを進めましょう。

長年、みなさんとともに要求運動を行い、9月議会で立川由美県議が改めて一般質問で取り上げた「中学生までの医療費助成拡充」も2021年度から実施する方向が示されました。

毎年の予算要望でも、県の助成を中学生までに拡充すること、政令市への補助を現在の4分の1から2分の1に引き上げることなどを求めてきました。12月議会には、「ふくおか子どもの医療を守る会」から、1万筆を超える署名とともに「子どもの医療費助成拡充」の請願が出されまています(紹介議員は日本共産党の二人)。

厚生労働省の資料では、中学生以上にまで助成対象を広げた市町村は、通院で86%、入院で95% (2017年度)です。そのうち3割近くが高校生以上を対象にしています。

県の助成もこれに見合って拡充し、所得制限や自己負担をなくすよう、引き続き充実を求めて頑張ります。

大牟田市に九州初の夜間中学設置へ

投稿: 2019年12月09日 | カテゴリ: 子どもと教育

9月議会一般質問のあと「大牟田市で夜間中学設置」のニュースが飛び込んできました。

私の一般質問に対する教育長答弁は「本県といたしましては県内に公立の夜間中学が無いことから政令市をはじめ各市町村において設置に向けた検討が促進されますよう今後も様々な機会をとらえて情報提供を行うなど、働きかけを行ってまいります。」というものでした。

「水面下で市町村に働きかけている」と話していた義務教育課長が、「大牟田市で設置の方向となりました!」と嬉しそうに報告に来られました。「あたたかい学びの場となるよう県として全力応援を」とお願いをしています。

北九州市でも正式に夜間中学が設置されるよう求めたいと思います。

2019年11月30日のつぶやき

投稿: 2019年12月01日 | カテゴリ: twitterから


2019年11月27日のつぶやき

投稿: 2019年11月28日 | カテゴリ: twitterから




2019年11月23日のつぶやき

投稿: 2019年11月24日 | カテゴリ: twitterから